>>ウソ!というくらい美白になるニキビ治療法とは?<< -

肌の知識

セラミド不足でニキビができますか?




ニキビがない肌は乾燥もまく、皮脂が多すぎることもありません。肌が正しい保湿
を行えている状態。つまり肌が潤っている状態です。それは肌がみずから保湿物質
をつくり、角層内に水分を蓄えておける状態のこと。



保湿物質がきちんと働いていれば湿度が0パーセントになっても、水分は蒸発しま
せん。保湿物質を作る力が弱まると肌は乾燥していきます。



rw.jpg



■セラミドの力アップが鍵



角層の水分を守っている保湿物質には、実は皮脂、天然保湿因子、セラミドなどの
角質細胞間脂質の3つがあります。これらが助け実は合いながら水分をキープます




角層の水分のうち80パーセント以上はセラミドなどの角質細胞間脂質が16〜17
%は、天然保湿因子が守っています。皮脂の果たす役割というのは、2〜3パーセン
トと非常に小さく水分を守る力はありません。



セラミドなどの角質細胞間脂質が肌の水分を守る鍵と言えます。本来、脂質は水と
結合することはありません。しかしセラミドは水と結合し、その水は湿度が0%に
なっても蒸発しません




また気温がマイナス20度まで下がっても凍らない性質を持っています。セラミドは
あらゆる環境に対応するまさに保湿のスペシャリストなんです。



セラミドたっぷり含んだ肌はうるおいに満ちていることになります。赤ちゃんの肌と
いうのは潤いたっぷりのプルプルでまさにうらやましいですよね。実はこれは大人と
比べてセラミドの量が豊富だからなんです。



ニキビ肌にもこのセラミドの量をあげていく必要があるんです。しかしそれはこれま
での記事で述べている通り、体の中から作り出す体力を高めていくことなんですね



>>ニキビに保湿のセラミドの美容液は必要ですか?<<






真皮と表皮の再生がニキビ改善へ




■2つの層が肌を守っている



皮膚は一枚の膜のように見えますが、実際は上から表皮、真皮、皮下組織の3つの
部分から成っています。スキンケアのメインとなるのがこの表皮と真皮です。この
二つの組織構造を知ることから初めていきましょう。


ts.jpg

http://skin.cute.bz/skin2.html



■表皮の真皮の働き


皮膚の表面にある表皮の働きは、保護作用です。肌を通して外からの刺激が体内に
入らないように守ったり、異物が入るならその情報を神経に伝えるというとても
大切な役割を担っています




さらに体内の水分が蒸発するのを防いで、肌の潤いを保つ役割もあります。真皮の
働きは、クッションのように肌の弾力やハリを保つこと。ふっくらと立体的な肌を
作る役割なんです




加齢などにより、真皮の働きが低下してしまうと、肌を支えることができなくなり
シワやたるみが生じる原因になります。



表皮と真皮の厚さは二つ合わせても約2ミリほど。よくお手入れや洗顔は優しくな
んて言われますが、薄い膜を傷つけないためなんですね
。ニキビだからというより
は元々薄いんです。こんな構造を知るとどう扱ったらいいか理解できますよね。




■表皮の具体的構造と役割



表皮の役割をさらに詳しく見ていきます。表皮は角層と角層以下の表皮で組織され
ています。角層細胞がレンガ状に約20層、顔の場合は積み重なりできています。
水分は約20〜30パーセント含んでいます。



ラップと同じほどの薄さながら、肌に触れる外からの刺激が体内に入らないように
守ったり、肌内部の水分が蒸発しないように守ったりと、シャッターのような役割



角層以下の表皮、つまり真皮との境目にある基底層で生まれた表皮細胞が、しだい
に角質細胞になるための準備をしています。お互いの細胞はしっかりくっついてい
て角層と共に伸びても破れない構造になっています。



他にも外的刺激から肌を守る免疫細胞や、紫外線から表皮細胞を守るためのメラニ
ン色素を作り出すためのメラノサイトも含まれています。



摩擦などの物理的な刺激や、化学的刺激、光化学刺激を総合的に防御する重要な要
働きです。これらはレンガに例えられますが、実際はシート状の薄い膜が重なって
できているんです。



■真皮の具体的構造と役割



基底膜をはさんだ表皮の下にある真皮。丈夫なたんぱく質からできた線維で水分を
除けば真皮の約70パーセントを占める主要成分です。真皮の中に網目状のネット
ワークを作ることで弾力をキープします




シワやたるみは、このコラーゲンの減少や変性によって肌の弾力が失われてしまう
ことが主な原因なんですね。



エラスチンという物質はゴムのような弾力のある線維でコラーゲンのところどころ
をつなぎ止めるように支えています。水分を除いた真皮の5パーセントほどを占め
るものですが、年齢と共に減り、シワやたるみの原因にもなります。



ヒアルロン酸は、コラーゲンやエラスチンで作られた網状構造の隙間を埋め尽くす
ゼリー状の物質。ゼリー状なので弾力もあり、真皮の構造を安定して保ちます。こ
のヒアルロン酸は、水分維持力が高いので化粧品でも保湿成分として配合されています。





意外と構造的には難しかったのではないでしょうか?このことを知っていただきたか
ったのは、化粧品や軟膏などをすぐ使ってしまう私たちですが、実は肌にはしっかり
した構造があり、本来の働きがあれば、必要ないものなんですね



このブログが目指すところは、肌本来の力を引き出してニキビは勿論、肌トラブルを
解消させていきたいと思っています。勿論、外用薬や化粧水なども必要最小限用いて
うまく肌の能力をアップさせられたらと思っています



>>肌のバリア機能がニキビに貢献する!<<

>>キメ細かい肌に!ニキビのケアとは?<<





キメ細かい肌に!ニキビのケアとは?




キメが細かい肌って聞きますよね。この構造ってどうなっているのでしょうか。
ニキビからキメ細かい美肌になるにはこの辺が関係していそうです。


miei.jpg



■肌の網目模様が規則正しいのが美肌



手の甲などを良く見てみますと、網目模様のようなでこぼこがあります。肌に
は細かく溝が走っていて、三角形や四角形の模様が浮き出て見えます。この溝が
皮溝(ひこう)、三角形の部分が皮丘(ひこう)と呼ばれています。



このような皮溝、皮丘の模様がくっきりと規則正しく並んでいて、なおかつこの
三角形や四角形の一つ一つが小さい肌というのはキメ(肌理)が整っています。



この網目模様が綺麗に並んでいくと、肌表面がツルんとして見えると共に実は
透明感が増すという効果もあります
。また多くの光を取り込んで反射もしてくれ
るので輝いたり、ファンデーションのりが良くなる効果もあるんです。




■キメ細かい肌の更なる具体的構造



キメが細かいなんてよく言いますが、具体的にどういう状態でしょうか。それは
皮溝が深くて細く、はっきりしている場合がそれです。肌表面の質感がなめらか
なのが特徴なんですね



一方、皮溝が浅く、広くなるとふぞろいになります。また皮溝と皮溝の交差点に
ある毛穴が大きくなると肌表面はザラッとなり、キメが粗い状態になります。布
と一緒と思っていただけるとよくわかると思います。



このキメは肌の奥からの肌再生リズムを反映しますから、化粧品だけで整うわけ
ではありません。体の内側からのケアで肌の代謝をあげるようにしましょう。
ニキビも何かを塗るだけでなく、内側のケアがその後の肌に大きく影響します




実はキメの細かさは、もともと日本人は欧米人に比べ、キメが細かいと言われてい
ます。もともと持っている質はいいんですね、びっくりです。



>>肌のバリア機能がニキビに貢献する!<<





リンク集
Copyright (C) 皮膚科や病院に行っても全然ニキビが治らない方へ2015. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。